ワード:従五位下
2016年7月11日

「従五位下」は、日本の位階のひとつ。「真田丸」の劇中で注目を集めました!
※動画・ツイート情報は、リアルタイムで取得・表示するため、時間が経ったワードでは、内容がマッチしないものが表示される場合があります。



TOPへ
従五位下の記事や動画などの情報ページです!



従五位下関連ツイート

ラッカンフェードラ
位階もない下賎な輩を参内とかとんでもない話よ。 せめて昇殿の資格がある従五位下くらい得てからにしてもらいたい。下郎共にそんな物をやる事自体言語道断な訳だけども https://t.co/D77fXMetHW
『稿本 石田三成』bot
天正十三年七月、秀吉の関白となり、従一位に叙せられたる時、三成は関白の諸大夫十二人の中に撰ばれ治部少輔従五位下の叙任せられたり。
ロック★★★
反逆者広嗣の一味で捕えられた者は、死罪二十六人、官位を没収された者五人、流罪四十七人、徒罪三十二人、杖罪百七十七人となった。これらを所司の官司に下して、法にのっとって処刑させた。 従四位下の中臣朝臣名代・外従五位下の塩屋連古麻呂・大養徳宿禰小東人ら三十四人を配所に呼びよせた。
足利家時bot
『勘仲記』弘安5年11月25日条に見える伊予守は私だが、従五位下に叙位されている源宗家は叔父尾張入道蓮阿(家氏)の子左近将監宗家のことなのだろうか。
モウネ・チャウ族図鑑bot
茶々(ちゃちゃ:1569年-1615年)は、戦国時代から江戸時代初頭の人物。豊臣秀吉の側室。 位階は従五位下とされるが、諸説あり。本名は 浅井 茶々(あざい ちゃちゃ)および浅井 菊子(あざい きくこ)。浅井三姉妹の一人。https://t.co/dcj57sxbIe
歴史教育研究BOT
711年、元明天皇の時代に蓄銭叙位令が出されました。貨幣を貯めた者には位を授けるというもの。『続日本紀』には銭を献上して位を授かった例があります。753年、板持連真釣が銭100万枚を献上して、従五位下を得ています。貴族として扱われる位です。収入は年収1570万円ほどになりました。
越中前司盛俊
【平清宗】内府様(平宗盛)の長子。三歳で従五位下、十一歳で従三位、十三歳で正三位に昇叙。壇ノ浦の戦いで内府様と共に入水を試みるが源氏勢に捕らえられる。元暦二年六月二十一日、京に護送される途中、近江国野路口(現 草津市)で堀景光に斬首されて亡くなられた。享年十七であった。
平家貞
おぉ、すなわち 頼盛さまは従四位下、経盛さまは従五位下、教盛さまは従五位上、そして、そして殿はついに…?!
源 経基
今介(武蔵介)恒基(経基)也、始雖奏虚言、終依実事、叙従五位下。 『将門記』
熱盛bot
平 敦盛(たいら の あつもり)は、平安時代末期の武将。平清盛の弟・経盛の末子。位階は従五位下。官職にはついておらず、無官大夫と称された。
仕付け人
仕付け人様の階級 所属国家➡日本、朝廷 正一位 従一位 正二位 従二位⬅右大臣仕付け人公 正三位 従三位 正四位上 正四位下 従四位上 従四位下 正五位上 … 最期は 暗 殺 #階級早見表 #shindanmaker… https://t.co/AL7gpieAKo
足利家時bot
『勘仲記』弘安5年11月25日条(前略)今夕被行小除目僧事、(中略)伊勢守藤盛綱、伊予守源家時、右近少将源親平〈按察卿二男〉、(中略)従五位下源宗家、清原泰尚、(後略)。
真田家BOT
1594(文禄3年)11月 豊臣秀吉「真田源三郎信幸。そなたには朝廷より従五位下 伊豆守を任官する。同時に真田源次郎幸村。そなたには従五位下 左衛門佐を叙任する。兄弟共々豊臣家に忠節をつくすように。」
源 経基
経基叙従五位下 『貞信公記抄』 天慶三年正月九日条
足利家時bot
『勘仲記』弘安5年11月25日条(前略)今夕被行小除目僧事、(中略)伊勢守藤盛綱、伊予守源家時、右近少将源親平〈按察卿二男〉、(中略)従五位下源宗家、清原泰尚、(後略)。
歴史教育研究BOT
711年、元明天皇の時代に蓄銭叙位令が出されました。貨幣を貯めた者には位を授けるというもの。『続日本紀』には銭を献上して位を授かった例があります。753年、板持連真釣が銭100万枚を献上して、従五位下を得ています。貴族として扱われる位です。収入は年収1570万円ほどになりました。
かやねずみ
大阪にいた 渡来系官人。皇太子時代の文徳天皇に孝経を侍講した。 音博士を経て、(866年)大学頭・潔世王と共に高山祭のために吉野に派遣され(869年)内位の従五位下に叙せられる。のち、陽成朝にて丹波介を務めるが、元慶6年(882年)6月10日卒去。享年73。
ロック★★★
左大弁従三位の大伴宿禰家持、右衛士督正四位上の坂上大忌寸苅田麻呂、散位正四位下の伊勢朝臣老人、従五位下の大原真人美気、従五位下の藤原朝臣継彦ら五人は、官職にある者はその現職を解任し、官職にない散位の者は居住地を京外に移した。ともに川継の事件に連座したためである。
松野伊勢守ジェイド
君、従五位下の少納言にならんか?実績を上げれば正五位下の左近衛権少将に、さらには従四位下の右近衛中将に任官させてあげるよ。
武田信豊
信虎様自らが出向いて行ったところに、国人(国衆)の反抗を抱えていた信虎様の弱い立場が窺えよう。敵の侵攻を受けていたにも関わらず、信虎様は朝廷との交渉を行っており、4月13日に従五位下、19日左京大夫に叙位・叙爵されている。今川氏との対抗上、官途などが必要と考えたのだろうか。