ワード:磯崎新
2019年3月11日

「磯崎新」が巷で話題になっていますので、この磯崎新にまつわる動画、ツイートなどを集めました!
※動画・ツイート情報は、リアルタイムで取得・表示するため、時間が経ったワードでは、内容がマッチしないものが表示される場合があります。



TOPへ
磯崎新の記事や動画などの情報ページです!


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

磯崎新関連ツイート

建築知識吐き出し
磯崎新の話 2019年の日本人で8人目のプリツカー賞受賞者(遅すぎる受賞とも)ポストモダン建築を牽引した1人。大きく緩やかにカーブを描く建築が特徴的。 丹下健三を最もよく知る一人で、葬儀において弔辞を読んだ。 https://t.co/MMBVJRKMih
日塔さんのクイズメモ
丹下健三とともに大阪万博の「お祭り広場」を手掛けた、つくばセンタービルの設計で知られる日本の建築家で、2019年にプリツカー賞を受賞したのは誰でしょう? -磯崎新
あんじぇら 一級建築士勉強
https://t.co/p0sxMp0NTM くまもとアートポリス(熊本県) 1988年当時の細川護煕知事が訪問したベルリン国際建築展に触発され、環境デザインに対する関心、都市環境・建築文化等の向上を図るための県の事業で約30年… https://t.co/B9Qc9Mz2xy
*Belle°・
@dragonbar1217 いいですよね〜 失礼ながら初めて聞きましたけど見所満載の施設ですね。設計は磯崎新氏😊👍
甲斐みのり/ロルstaff
〈中谷宇吉郎 雪の科学館〉。 雪をイメージした3つの六角塔が並ぶ建物を手がけたのは磯崎新。 https://t.co/xvAkCHzDaQ https://t.co/Rb7TMXZeJm
キャビンカンパニー
ちなみに今読んでるのは、「ネオ・ダダJAPAN1958-1998」日本の前衛芸術グループ、ネオダダイズムオルガナイザーの記録。 大分アートプラザは磯崎新さんの建築、赤瀬川原平さんは母高校の先輩。大分に所縁ある作家の図録です。… https://t.co/8j7A4G5L1U
( ◔ิ⊖◔ิ)日本建築史bot
1966 大分県立中央図書館 大分 磯崎新
ぽね
大学進学してるとしたら、磯崎さんもうすぐ卒業だし、4月から新社会人なんだなと思うと、ウッ…! 感慨深い…
FUKUKOZY/Fukuda Koji
イアン・シュレーガーってブティックホテルの生みの親って言われてるんだ。 イアン・シュレーガーと言えば磯崎新のパラディアムが思い出される。 ブティックホテルについて詳しくなれるnote|田中幹人 @mikito_tanaka https://t.co/jETiYV1lUK
NEO FACTORY(MIDO)
都市の未来って、究極、廃墟だけれど、磯崎新が描いてみせたようにね。 ただ、都市はその生き様、生成がいかに、ドラマであるか、とかが、大事で、体験そのものだからね。
鮒一
好きな建築家が妹島和世→西沢立衛→伊東豊雄→磯崎新とだんだん高齢化している
Yusuke Ogata 尾 形 悠 輔
@261ki251ma 水戸芸術館ですね! わかります。磯崎新さん(2019年にプリッカー賞受賞者)が設計した建物ですよね? 行ってみたい!!!
aBuNai
パンピーの考える権威主義者は、隈研吾はすごいみたいなレベルだけど、俺レベルの権威主義者になると磯崎新はすごいってレベルw
TEIBO BOOKS
『TERRAZZO』は、1988年から1995年にかけてイタリアで出版された建築とデザインの雑誌です。 本書は、1992年に刊行された第7号。 磯崎新さんやJames Wines、Ettore Sottsassなどの記事が掲載され… https://t.co/50Lc4JGr8C
コニーズアイ(金沢市)
天童木工 建築家の個性と 高い技術の融合 小林幹也 清水慶太 安積伸 田辺麗子 水之江忠臣 ブルーノマットソン 柳宗理 磯崎新 川上元美 喜多俊之 黒川紀章 丹下健三 剣持勇 坂倉準三 長大作 ミナペルホネン ほか すべての… https://t.co/2EhMacQtj5
ごめんねタロー
@asakikeiichi 昨日です。 風倉匠、吉村益信、赤瀬川原平、磯崎新、(敬称略)と大分と関わりのある方々が日本のネオダダの中心にいたことは間違いありません。 ポップアートを受け入れる感受性はその頃からの大分人の気質が時代に流されず残っているのでしょうね。
taroigarashi
スライドのデジタル化15/磯崎新が1968年ミラノトリエンナーレで発表したエレクトリック・ラビリンス。ただし、オリジナルではなく、ZKMの展示で再制作されたものを「EXPOSE 2002 ヤノベケンジ×磯崎新」展(2002年)で巡… https://t.co/De7239IBem
小吹隆文
展覧会名にある「うたかたと瓦礫(デブリ)」。うたかたは平成初期にピークを迎えたバブル景気と崩壊を表し、瓦礫(デブリ)は地震、台風、大雨、金融危機、原発事故、テロなどの災害を表す。また、鴨長明の随筆『方丈記』と、磯崎新の著作『瓦礫の未来』も念頭にあるだろう。
林 信長
+平成美術:うたかたと瓦礫(デブリ)1989–2019 https://t.co/zgJF4GOk3s これって、磯崎新氏が人選したチームが阪神大震災の後にベネチア・ビエンナーレでやって、金獅子賞とったやつのパクリじゃないか。… https://t.co/N22EzU4LEC
古書山翡翠 商品情報
『磯崎新インタヴューズ/磯崎新・日埜直彦』 建築家として第一線にありながら、また傑出した建築理論家として、戦後建築に圧倒的な足跡を残す磯崎新。 本書はそんな磯崎が建築家として出発した1954年から現在までの活動を、建築家 日埜直… https://t.co/ODFougb2bg