ワード:ウモレオウギガニ
2016年11月12日

「ウモレオウギガニ」は、猛毒ガニ。和歌山県すさみ町で発見され町立水族館が注意を呼びかけて注目されましたので、このウモレオウギガニにまつわるウェブサイトや動画、ツイートなどを集めました!
※動画・ツイート情報は、リアルタイムで取得・表示するため、時間が経ったワードでは、内容がマッチしないものが表示される場合があります。



TOPへ
ウモレオウギガニの記事や動画などの情報ページです!



ウモレオウギガニ関連ツイート

らい
@bbeetdee1 ダジャレ系じゃないのか。 ウモレオウギガニだったから。
朧と時報と時々カニbot🦀
ツブヒラアシオウギガニは猛毒を持つカニで、暖かい地域のサンゴ礁などに棲み、日本でも沖縄などに生息しています。同じく猛毒のウモレオウギガニと同様にごつごつした扇形の甲羅をしていますが、灰色っぽく薄いまだら模様で見た目が地味なので一見毒性には見えません。十分に注意が必要です。
朧と時報と時々カニbot🦀
ウモレオウギガニは猛毒を持つカニで、小笠原諸島や屋久島など南の海に棲んでいます。甲羅は幅5~7cmでごつごつしていて、茶色と灰色のくっきりしたまだら模様が特徴です。食べた人が亡くなった例がいくつもあり、近年では和歌山県でも見つかっているので提督も十分に注意してくださいね。
伊賀崎孫兵
日本で生息している蟹で強い有毒性を持つのはスベスベマンジュウガニとウモレオウギガニだね。どちらも食べると死んでしまうような毒を持っているね。