松尾芭蕉「奥の細道」で吟われる埼玉県草加市「矢立橋」を散策❗

百代橋と対をなす木目模様の和風太鼓橋。 和風の太鼓型歩道橋で、草加のシンボルとなっている。 国指定名勝「おくのほそ道の風景地 草加松原...※動画元の(松尾芭蕉「奥の細道」で吟われる埼玉県草加市「矢立橋」を散策❗)より抜粋
作成日:2019-02-12
チャンネル:大破バームクーヘン


その他の動画


■松尾芭蕉「奥の細道」を含むネットの声…
※動画に関係ないものが表示される場合があります。

■「あ、あの!アマビエさんは、江戸時代から生きていらっしゃると伺ったのですが、奥の細道の松尾芭蕉にはお会いになれた事ありますか!?ぼ、ぼく大ファンなんです!」 まつおばしょー…? アマビエ様は、歴史上の... - by てふや食堂@エアコミケ2
■【歴史の教科書の変化】 <奥の細道→おくのほそ道> 最近まで、奥の細道だったのですが、松尾芭蕉の原本が発見されておくのほそ道になったらしいです。覚えたものを後で覚え直すのって結構難しいよねw - by 日常あるある
■【あの歴史的人物もやっていた‼️】その人物とは松尾芭蕉✨奥の細道の一文に足の準備として『足三里』にお灸をすえたと書いてあります。足三里は足の疲労回復以外にも消化を助ける効果があると言われています。身体... - by けい治療院
■大垣は「奥の細道結びの地」だよ!江戸時代の俳人・松尾芭蕉が江戸から東北を経由してここまで旅したんだ。 - by 揖斐河城にとり
■《江戸時代》元禄文化 俳諧…松尾芭蕉「奥の細道」 浮世草子…井原西鶴 人形浄瑠璃…近松門左衛門 歌舞伎…坂田藤十郎・市川団十郎 絵画…尾形光琳「紅白梅図屏風」、菱川師宣「見返り美人図」 陶芸…尾形乾山 染色…宮... - by 聖隼の日本史講座
■@yoiinago417 ご返信ありがとうございます。松尾芭蕉が、『奥の細道』の旅に出たのは45歳の時だそうですが、当時としては十分に老成した年齢だったのでしょう。また、国鉄の蒸気機関車の機関士は、あまりにも激務... - by bluenote1969